FC2ブログ
2019/04/19

あの世でもこの世でも利己主義は罪

(問) 他界で罪を犯すことがありますか。他界では、一般にどんなことを罪というのですか。

(答) もちろん罪を犯すことはある。
霊界での罪とは、利己主義の罪である。
ただ地上と違うところは、その罪がすぐ露見するということだ。
心に罪をいだけばその途端にそれがばれてしまい、その結果がたちまち現れること、地上世界とは比較にならない。
罪の結果は本人に記され、そのため本人は霊的に低下する。



――― シルバー・バーチ
   桑原啓善編著『シルバー・バーチに聞く』より







 
2019/04/17

今日の言葉


 霊は肉体を離脱すると、その肉体をどのように思うのですか。

「自分を束縛していた不愉快な外被、それを脱いでせいせいした感じ」


 ――自分の肉体が分解していくのを見て、どんな感じを抱きますか。

「たいていの場合は無関心、もう用のない代物という感じ」



 霊はしばらく経った後でも、自分の遺骸や品物に見覚えがありますか。


「見覚えていることがよくある。但し、それは、地上の物を見る本人の視点の高さ、これ次第である」



 遺族が故人の遺物に敬意を表していれば、霊の注意はそれら遺物に向けられますか。
また、霊はこのような敬意を嬉しいと思いますか。


「霊は遺族達が親しい思いを寄せていることを嬉しく思う。遺族達は故人の思いをとどめる品物を通じて、故人を思い出す。しかしながら、者の霊を引き付けるものは、これら遺族の念であって、遺物ではない。」



 前生での苦しい出来事を、霊は記憶していますか。


「よく覚えている。この記憶があるから、霊が享受できる至福の有難さが、一層はっきりと理解できる」



 幸福な地上生活を送った者は、現世を去る時、地上の喜びに哀惜の情を抱きますか。


「低級霊の場合は、そういう物質的快楽の喜びをいとしがる。だがそういう態度は、苦しみをもって報われることになる。
高級霊の場合は、永遠の至福の方が、地上の一時的快楽などより、比較にならぬほど好ましい」




 世のため人のために、ある仕事をしていた人が、によってこれが中断された場合、他界に入って彼はそのことを残念がりますか。


「いや、彼は他の人々がその完成の役を果たしてくれることを知るので、残念に思うことはない。むしろ、彼は自分の始めたその仕事を、他の人々が達成してくれるよう、それらの人々の心に働きかける努力をする。地上にある時、彼の目的は人類のためになることだったので、他界に入っても、彼のその目的は変わらないのである」



桑原啓善訳 アラン・カーデック編『霊の書(上)』より

※QとAの文字は読みやすくする意味で追記しています。原書にはありません。





 
2019/04/15

今日の言葉

「諸君等は、恵まれた富者達の楽しみを見ては、これを羨む。
しかし、彼等の多くを待ち受けているものを、諸君は知っているか。
もし、彼等がその富を自分のためだけに使い、利己的であるなら、恐るべき逆転が彼等の前途にある。
彼等を羨むことをするな、彼等は哀れむべき者達である。
神は時折、悪人に繁栄を許し給う、しかしその栄えは羨むべきものではない。
何となれば、やがてその者は涙と歯ぎしりで、それを償う者となろう。
もし正直者が不幸に苦しむことがあったら、それは試練である。
その者が勇敢にそれを耐えれば、豊かな収穫を刈り取る者となろう。
イエスの言葉を思い出されよ、〈苦しむ者は幸いである、その人は慰めを受けるであろう〉」



――― 桑原啓善訳 アラン・カーデック『霊の書』(下)




2019/04/13

地球を救う霊的常識 序

 人は不滅の霊です。不滅とは神と同じように神性です。だから人は神の分身です。この単純な真理に気づいて、あなたが今日、神のように生きようと決断なさるなら、その時からあなたの前途はもつれた紐を解くように、スラスラと展開を始めるでしょう。これが人が新しく生まれるということです。

 真理は常に単純です。それは決断で生かされ、生かす場は現実の生活です。一円のお金もいらず、決断すれば子供でも出来ることです。私はこの不滅の真理を、近代心霊研究に立ったネオ・スピリチュアリズムとして説きます。



――― 桑原 啓善
    (『地球を救う霊的常識3』序文より一部抜粋)






2019/04/11

今日の言葉

 知ることはすべて大切である。だが知るだけで、そこから一歩を踏み出そうとしなければ、それは賢明ではない。
 私は、皆さんが私の与えるすべてを吸収してくれるようにと、私の知る限りのものを皆さんに捧げようとしている。私がそうするのは、決して私が皆さんより偉大であるからではない、私が自分の知を皆さんに誇ろうとするためでもない、唯それによって私が他に奉仕することが出来るからである。


――― シルバー・バーチ 
    (桑原啓善訳 A・W・オースティン編『シルバー・バーチ霊言集』より)