FC2ブログ
2020/10/02

何事ありても自殺はするな

「(前略)しかしそれまでの十年間の苦痛悔恨! 
垂下せる(※首つり自殺した)醜しき骸……
人生の悲惨に泣く良人と二人の子供とのあわれな姿……。
眼には見えても助くる道も、慰める術もなき私の心の苦しみは、どれほどでありましたろう!

で、私は衷心から自殺を計る所の一切の人々に向かって警告したいと存じます。―
何事ありとも、自殺ばかりはなさいますな!(※下線部は、原文は傍点で強調あり)

あなたは何にも御存知がないので、今自殺しようとして居られますが、それは御自分の入る地獄を造り上げるのです。
一たん身体から出脱けた上は、モウ二度とその内部(なか)へは戻れません。
それツきり御自分の務めを果たすことができなくなります。

何よりも先ず、私の子供等のあわれな身の上を考えて下さい。自分達の母親は自殺をしたのである、という考えから、終生離るることができないではありませんか! 
私の良人も、又子供等も、決して心から私を許す気にはなれません。
たとえそれが憑霊の仕業であって、自分自身の心から出た仕業ではないにしても、私はあんなに苦しまねばなりませんでした!

もしもあなたが、真に霊界方面の法則を御存じならば、あなたは決して自殺しようとはなさらないでしょう。
その結果が実に恐ろしいからです。
是非その忌まわしい考えにだけは打ち勝ってください。
自然にあなたが霊界に入らねばならぬ時節の到来するまで、この地の世界で幸福にお暮らしなさいませ。

私が苦しみ抜いた十年という歳月は、私が無理に縮めた期間でした。
あの十年を地上で過ごした上で、私は霊界の人として、又母としてやるだけの任務を首尾よく果たした上で……。

霊界には霊界の厳律がございます。自分に与えられたる期間を、現世で過ごした上でなければ、自分ぎめに霊界には入れません。
私は私の過失に対する刑罰として、十年の間、間断なく自分の眼に、自分の醜しき屍骸の垂下している状況を見せられました。
そしてその間、私は自分の良人と、子供等とがどんなに困っているかという事を忘るる隙とてありませんでした。(…)」


――― 浅野和三郎抄訳 ウイークランド原著『者に交る三十年』(心霊文庫第17篇)
     「憑依と自殺の実例 その一、何事ありても自殺はするな」より一部抜粋


(※は補い、旧字表記を現代仮名遣い(表記)になおしております。)


2021/03/08

霊的Q&A

(問)
 イエスは今どこにいますか。また何をしていますか。 

(答)
 イエスの身体を通じて働いた霊は、二〇〇〇年前に始まったあの仕事をつづけながら、今もなお活動している。
しかし、この霊はあれからもう千度も磔(はりつけ)にされ、今もほとんど毎日磔にされている。
しかし、この霊は神の分身であるから、その影響感化を拡大しつづけるであろう。
たとえ神の通路となる者がどこにあろうとも。

――― シルバー・バーチ
 

桑原啓善訳 A・W・オースティン編『シルバー・バーチ霊言集』)


 
2021/03/06

今日の言葉

諸君は、いま世界を犯そうとしている、軽信という病気の時代を癒したいと言う。
諸君がまん延を願っているのは不信、諸君はその不信の世界をむしろ見たいのか。家庭の絆(ルビ:きずな)を弛緩させ、社会をだんだん駄目にしていく多くの無秩序、それらの因って来るところは、信仰の欠如にあるのではないか。

心霊主義は、霊魂の実在と不滅を示し、来世の信を回復して、絶望する者に勇気を奮い起こさせ、世の浮沈に耐えることを可能にしてくれる。諸君はこれを悪というか。
いま、我々の前には、二つの教えが提示され、その選択が求められている。
一つは、来世の生存を否定し、他方は、これを宣言し、証明する。
一つは何も説明しないが、他は、すべてを証明し、我々の理性に訴える。
一方は利己主義を肯定するが、他方は、正義と博愛と隣人愛に基礎を置く。
一つは、現在のみを示し、すべての希望を軽視するが、もう一つは、我々に広大な未来の生命を示して、慰めを与えてくれる。
二つのうち、どちらが有害であるか。


桑原啓善訳 アラン・カーデック霊の書』より



 
2021/03/04

今日の言葉

 今や全世界で、皆(みな)がおそれながらも口に出しにくい事実は、我われが何かの終局に向かって確実に驀進(ばくしん)しているということである。我われの未来を考えるのは幾分(いくぶん)恐(おそ)ろしい。
我われはいっぽうで地球環境(かんきょう)や人口問題を問い、他方で経済の活性化を語る。
だが明白なことは、自然破壊(はかい)なしに経済成長なく、奴隷(どれい)なしに貴族はなく、貧困なしに繁栄もないということである。さかんに使われる生活水準ということばにしても、いったい何をもって「生活」と称するのか、「欧米(おうべい)なみ」ということばに私は何かやりきれぬものを覚えるようになった。



――― 中村哲

『アフガニスタンの診療所から』より


 
2021/03/02

今日の言葉

 イエスはその全生涯を通じて、当時の時代精神に対する、真っ向からの反対者であった。
したがって、彼はそのような人物のたどる運命をたどった。
すなわち最初はしりぞけられ、次いで不当にも告発され、罪を負わされ、結局は処刑された。

 伝説の部分はこれを、無視してもよい。
しかし、イエスの愛の生涯と彼の説いた福音は、これを無視してはいけない。
イエスの教えの根本にある原理は、神の父性とその神の崇拝、
人間の同胞性と人と人を結びつける関係・絆(きずな)・祈りの法と自己犠牲の法、
いわば、人から自分がしてもらいたいと思うように人にもせよ、ということ。


――― インペレーター


桑原啓善訳 ステイントン・モーゼス『続霊訓』