2018/04/15

今日の言葉


 霊は肉体を離脱すると、その肉体をどのように思うのですか。

「自分を束縛していた不愉快な外被、それを脱いでせいせいした感じ」


 ――自分の肉体が分解していくのを見て、どんな感じを抱きますか。

「たいていの場合は無関心、もう用のない代物という感じ」



 霊はしばらく経った後でも、自分の遺骸や品物に見覚えがありますか。


「見覚えていることがよくある。但し、それは、地上の物を見る本人の視点の高さ、これ次第である」



 遺族が故人の遺物に敬意を表していれば、霊の注意はそれら遺物に向けられますか。
また、霊はこのような敬意を嬉しいと思いますか。


「霊は遺族達が親しい思いを寄せていることを嬉しく思う。遺族達は故人の思いをとどめる品物を通じて、故人を思い出す。しかしながら、死者の霊を引き付けるものは、これら遺族の念であって、遺物ではない。」



 前生での苦しい出来事を、霊は記憶していますか。


「よく覚えている。この記憶があるから、霊が享受できる至福の有難さが、一層はっきりと理解できる」



 幸福な地上生活を送った者は、現世を去る時、地上の喜びに哀惜の情を抱きますか。


「低級霊の場合は、そういう物質的快楽の喜びをいとしがる。だがそういう態度は、苦しみをもって報われることになる。
高級霊の場合は、永遠の至福の方が、地上の一時的快楽などより、比較にならぬほど好ましい」




 世のため人のために、ある仕事をしていた人が、死によってこれが中断された場合、他界に入って彼はそのことを残念がりますか。


「いや、彼は他の人々がその完成の役を果たしてくれることを知るので、残念に思うことはない。むしろ、彼は自分の始めたその仕事を、他の人々が達成してくれるよう、それらの人々の心に働きかける努力をする。地上にある時、彼の目的は人類のためになることだったので、他界に入っても、彼のその目的は変わらないのである」



桑原啓善訳 アラン・カーデック編『霊の書(上)』より

※QとAの文字は読みやすくする意味で追記しています。原書にはありません。





 
2018/03/24

霊の声がどのように私達の耳に聞こえるようになるのかという質問に答えて

Q
霊の声がどのようにして私達の耳に聞こえるようになるのかという質問に答えて (直接談話現象の場合)

A
「私は自分の口と舌を物質化してしゃべります。これはどうやるのか、出来るだけ説明してみましょう。
ですが、皆さんに話すのは難しいことで、皆さんがこちらの世界に来るまでは、完全な理解は出来ないということ、先ず知っていて戴きたい。
ですが、出来る限り分かるように、我々の方法の説明をしてみましょう。
幽界の化学者が、霊媒及び列席者から、ある成分を抽出します。
この成分には適切な名称がなく、エクトプラズムと呼ばれております。
この成分に、化学者は自身で作った成分を加えます。これらが混合されて、ある物質が作られ、これでもって化学者は自分の手を物質化します。
次に化学者は、自分の物質化した手で、口と舌を模したマスク(面)を作成します。

 しゃべりたいと思う霊が、自分の顔をこのマスクの中に入れますと、マスクは顔に密着し、口と舌と喉をくるみます。
最初は、この重い物体を動かすのは難しいのですが、馴れると容易になります。
つまり幽界人の器官が、再び物質に似た物体で包まれているわけでして、この器官を空気が通過することによって、大気が振動を受け、皆さんの耳にその声が聞こえるのです」



―――死者たちが肉声でつづった不朽の霊の書
         「THE WAY OF LIFE・人間の生き方」より
          アーサー・フィンドレー, 桑原啓善訳
2018/03/20

真の霊媒(霊界通信)とは 1



(S・モーゼスは、インペレーターの地上時代の名前はマラキ〔訳者注:紀元前五世紀のユダヤの小預言者〕であると聞かされていたので、これについて質問。「マラキとは何の象徴なのですか」)



「いや、そうではない。それは事実であって、象徴ではない」


―― あなたはリフォーマー(宗教改革者)と言っておられますね

「私は地上時代の生活はネヘミヤの名で伝えられているものと関係がある。〔訳者注:ネヘミヤは紀元前五世紀バビロンに捕囚されていたユダヤ人をエルサレムに連れ帰り、同地の総督となり、ユダヤ教を再興。その業績は『ネヘミヤ記』に記されている〕ユダヤ教の予言者の中で、おそらくモーセ、エリヤ、エレミヤ、エゼキエル以上に完全な霊媒はいなかった、少なくともその記録が残されているユダヤ人の中では。
 エホバとは、そう呼ばれていたとおりに、アブラハム、イサク、ヤコブの神であって、唯一神ではなく、一族の守り神だった」



(霊の身元と名前の同一性にまごついているモーゼスに、次のように伝えられた)



「通信霊の名前は、貴下に霊からの通信が伝えられる場合の、便宜上の符丁にすぎない。通信は場合によっては、いろいろな霊のものがまじっている。諸君らの言葉で言えば、非人称的なものだ。多くの場合、貴下に届く通信は一個の霊の作品でなく、多くの霊の集約的作品である。貴下への通信に関与した多数の霊達は、もっと高級な霊力を貴下へ伝えるための手足にすぎないのである。我らは熟考し、相談し、その上で貴下は我らの一致した思考の通信を受け取る。
 貴下は自分の霊力を養い、肉欲を抑制し、己が環境を克服することを学ばねばならぬ。地上世界は内的ないっそう真実な生活の準備にすぎない。このことを理解する者とならねばならぬ。我らが世界こそ真実。地上は影の世界である」




桑原啓善訳 ステイントン・モーゼス『続霊訓』p109







2018/03/14

死後の目覚め

Q
(問)もし、ある人が死後のことを何も知らずに死んだ場合、その人は私達の思念に反応を示したり、その意味を理解したりしますか。

A
(答)死後の目覚めは、自分の死の自覚から始まる。だから、死後についての知識をもっていれば、それだけ早く目覚めが来る。死についての無知・誤解・迷信や歪められた教義・神学、これらは何としても打開せねばならない。これらは死後の生活にとり何の役にも立たない。またこういう誤解を解くには、魂は永い時間かけて、まずもって新世界になれる必要がある。だからこういう魂は、長期間にわたり休憩の状態に入る。
 地上には、病者や怪我人のために病院がある。そのように私達も、傷ついたり弱った魂のために世話をしてやらねばならない。しかし地上で大きな奉仕や愛に身を捧げた人は、死とともにその人への善意や愛情や祈りが、霊界にまで伴い入って来て、その波長が本人を助けるので、魂の目覚めは早められる。



      ――― シルバー・バーチ (桑原啓善訳「シルバー・バーチ霊言集」より)
2018/03/12

邪霊を見破る霊的法則の物差

【注】
邪霊を見破る霊的法則の物差

① 自分は神、救世主、偉い前世などと自称する者。

② 金、勢力拡大、売名を目的とする者。

③ 本人の日常生活が人間の道に反する者。右のほか、奇跡や超能力をチラつかせるものは要注意。


―――桑原啓善 「デクノボー革命(下)〈ネオ・スピリチュアリズム講座〉」より