2017/09/20

今日の言葉

さあ、切符をしっかり持っておいで。
お前はもう夢の鉄道の中でなしに
本当の世界の火やはげしい波の中を
大股(おおまた)にまっすぐに歩いて行かなければいけない。
天の川のなかでたった一つのほんたうのその切符を
決しておまへはなくしていけない。


――― 宮沢賢治
    (「銀河鉄道の夜」第三次稿)







2017/09/18

今日の言葉

「正遍知はあしたの朝の七時ごろヒームキャの河をおわたりになってこの町に入らっしゃるそうだ。」
 みんなは思ひました、正遍知はどんなお顔いろでそのお眼はどんなだらう、噂(うはさ)の通り紺いろの蓮華(れんげ)のはなびらのやうな瞳(ひとみ)をしてゐなさるだらうか、お指の爪(つめ)やほんたうに赤銅いろに光るだらうか、また町から行った人たちが正遍知とどんなことを云ひどんななりをしてゐるだらう、もうみんなはまるで子供のやうにいそいそして、まづ自分の家をきちんとととのへそれから表へ出て通りをきれいに掃除しました。



――― 宮沢賢治  (「四又の百合」より)







2017/09/16

今日の言葉

正しく清くはたらくひとはひとつの大きな芸術を時間のうしろにつくるのです。


ごらんなさい。向ふの青いそらのなかを一羽の鵠(こふ)がとんで行きます。鳥はうしろにみなそのあとをもつのです。
みんなはそれを見ないでせうが、わたくしはそれを見るのです。

おんなじやうにわたくしどもはみなそのあとにひとつの世界をつくって来ます。それがあらゆる人々のいちばん高い芸術です。




     ―――― 宮沢賢治作 童話「マリヴロンと少女」より






2017/09/12

今日の言葉


もうけつしてさびしくはない
なんべんさびしくないと云つたとこで
またさびしくなるのはきまつてゐる
けれどもここはこれでいいのだ
すべてさびしさと悲傷とを焚いて
ひとは透明な軌道をすすむ



―――宮沢賢治 
    (『春と修羅』 小岩井農場パート九 より)






2017/09/10

今日の言葉

古人は次のように言い習わしていました。
「天界の秘密の鍵はどこにある? それは心臓の中に。」
これは単に神を愛し神を崇敬するとか、
人を愛し人に奉仕するとか、
そういう問題ではありません。
無尽のしつようさと、力をもって、愛を無限の愛である神の愛をしっかり身につけなさいということです。


――― ホワイト・イーグル

    桑原啓善訳 グレース・クック『自己を癒す道』より