2017/02/18

今日の言葉

「正遍知はあしたの朝の七時ごろヒームキャの河をおわたりになってこの町に入らっしゃるそうだ。」
 みんなは思ひました、正遍知はどんなお顔いろでそのお眼はどんなだらう、噂(うはさ)の通り紺いろの蓮華(れんげ)のはなびらのやうな瞳(ひとみ)をしてゐなさるだらうか、お指の爪(つめ)やほんたうに赤銅いろに光るだらうか、また町から行った人たちが正遍知とどんなことを云ひどんななりをしてゐるだらう、もうみんなはまるで子供のやうにいそいそして、まづ自分の家をきちんとととのへそれから表へ出て通りをきれいに掃除しました。



――― 宮沢賢治  (「四又の百合」より)







2017/02/08

理性で知る

 私達の使命は、神仏とたたえられることではない。真理と知識と知恵とを、述べ伝えることである。
私は偉大な教師でも、卑しい乞食でもけっこう、唯私の言葉に真理の印が押されている限り。
私どもは名声と権威と経典を楯にとって叫ばない。唯、皆さんの理性に向かって、訴えるだけである。



――― シルバー・バーチ
    桑原啓善 編著『シルバーバーチに聞く』より







2017/02/04

今日の言葉

風がうたひ
雲が応じ
波が鳴らすそのうたを
ただちにうたふスールダッタ
星がさうならうと思ひ
陸地がさういふ形をとらうと覚悟する
あしたの世界に叶ふべき
まことと美との模型をつくり
やがては世界をこれにかなはしむる予言者、
設計者スールダッタ



――― 宮沢賢治 童話「竜と詩人」より







2017/01/25

今日の言葉

もうけつしてさびしくはない
なんべんさびしくないと云つたとこで
またさびしくなるのはきまつてゐる
けれどもここはこれでいいのだ
すべてさびしさと悲傷とを焚いて
ひとは透明な軌道をすすむ


―――宮沢賢治
   (『春と修羅』「小岩井農場 パート九」より)