FC2ブログ
2020/04/24

今日の言葉

「人間は西欧の唯物主義によって多くを失った。
その知力の進歩によって、魂を失ったのである。
過度の知的活動のゆえに、何か災難でもない限り、心が無視されてしまうのである。
あくことを知らぬ知力は、人間の心の痛みをやわらげるすべを知らず、悲しみや淋しさを慰めることも出来ない。」

「その故に、知をのさばらしてはならぬ。
常に外的事象の背後にある永遠の生命と一つになることにつとめなされ。」

「人間は、神の大宇宙の一部なのである、このことを忘れてはならぬ。
されば、心臓中枢を目覚めさせること、愛を放射すること、魂の内に大いなる火を燃えたたせること。
自分のためには生きてはならぬ、自分の栄光を求めてはならぬ。
人々のために奉仕をしなされ、病者を癒し、悲しむ者に慰めを、飢えた人には食を与えなされ。」

――― ホワイト・イーグル

(桑原啓善訳 グレース・クック『霊性進化の道』より)



 
2020/02/19

今日の言葉

 魂は、洗礼によって変化しない。
誰しも、人の魂を進歩させてあげる力などはもっていない。
人は独力で進歩を遂げねばならぬ、
地上で送る自分の生活の色あいいかんによって。
人の行為の結果は、他人は誰一人、これに指一本ふれることはできない。
ただ本人の償いと、うける苦しみの応報による外は。


――― シルバー・バーチ

桑原啓善訳 『シルバー・バーチ霊言集』より)


 
2020/01/25

今日の言葉

 永遠の御手が、私達の下に在る。
(この御手を拒絶する、余りに多くの者達、その不可思議さ)。
無限に一切を抱擁する愛こそ、あまねき真実在。
神はいずこにも在り、神はすべての物の中に在り給う。神の居まさぬ処とてなく、その心に神の居まさぬ者は一人もいない。
神は苦しむ者と共に地獄にも在り、至高の天界に在る者とも喜びを分かち給う。
貴方の髪の毛一本までも神は知っておいでになる、一羽の雀が地に落ちるのも神のみ心の外にはない、この言葉をご存知でしょう。
 空は高く、清く、金色に光っています。影を去り、清浄と平和と喜びを望み見ましょう。我々は光の子ではありませんか。


――― ホワイト・イーグル

桑原啓善訳 グレース・クック『ホワイト・イーグル霊言集』より)



 
2019/12/28

今日の言葉

「我らの使命はご承知のとおり。
信仰が冷えた日に、神と不死への信が衰えていく日に、我らは来て人々に示す、
人間が不死であることを、人は神の火花である魂を内に秘めるものであることを。

 我らは人々に過去の誤りを教えたい、生命が進歩であることを伝えたい、
人々の目を向上と成長の未来へと向けさせたいのである」

「これにより人々は、愛と慈悲と憐(あわ)れみと人への奉仕、
さらには神への崇敬、これを全生命とする霊達の存在を知るに至るのである」

 『霊訓』



桑原啓善訳 ステイントン・モーゼス『続霊訓』より)







2018/12/01

人に死はない

ジュリアの音信

――― 山波言太郎 絵本『ジュリアの音信~人はなない~』より


本当にあった不思議なお話 (You Tube)↓をクリック


https://www.youtube.com/watch?v=BMYcgMIKhfk



作者、山波言太郎(桑原啓善)自身による、〈リラヴォイス〉による朗読です。

・ ジュリアの音信とは……
後間もないジュリアが、の直後や死後の世界の様子を語った霊界通信です。

原書となっている、ウイリアム・T・ステッド著『Message from Julia』 は、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スウェーデン、デンマークその他たくさんの国々で翻訳出版された信ぴょう性の高い有名な通信です。