2017/02/16

真の霊媒(霊能力)とは 2


(真の霊能力とは)



「霊媒行為には正常と異常の区別があることを、はっきり知っておいてもらいたい。
すなわち、霊が外部から霊媒に直接働きかけ、霊媒を入神させて体外に霊を退去させ、本人に代わって知性を発揮する。この場合は大なり小なり霊媒の肉体器官を霊が支配している。これが我らの言う異常であって、催眠術師が病人を支配するやり方と同じである。

 我らの言う正常な霊媒行為とは、現に霊媒が相当な霊的資質を備えていて、これに外から霊感が吹き込まれると、その力が高揚し補強されるという、こういう場合である。
この場合は、入神させられたり、本人の霊が退去させられたりすることなく、霊力の発揮が強化され補助されるのであって、霊媒本人はその指導霊の助言を聞くこともできるのである。これを通じて霊媒は素直となり、思想は穏健となり、純粋素朴な意志と行為の人間へと鍛えられていく。霊媒の魂は、いつも敏感に、霊感のささやきに開かれている。異常の方法では観念の伝達は骨が折れたが、これだと観念が自然に霊媒の魂に流入する。魂のもつ本来の力が、抑えられたり妨げられたりすることなく、開発され豊かさを増していく」



桑原啓善訳 ステイントン・モーゼス『続霊訓』p109