2017/05/27

イエス再臨の真実

Q
 S・モーゼスが、キリストの再臨について質問

A
「記録文書の表現にあまり目くじらを立てぬよう忠告しておきたい。これら記録は多くの場合、あいまいで誤りのあるもの。すなわち、教えを聞いてもその意味がよく分からないことが多く、そういう人物があいまいな印象を記録しているのだから。また翻訳がまずくて、間違った印象をそのまま伝えていることが多いのだから。こういう制約はあるが、主イエスが在世の折述べられたことで、いま成就しつつあることがたくさんある。特に、新しい啓示に関する全体の見通しについて。まさに、身は地上にありながらその日語られた、地上へのイエスの再臨、それは成就しつつある」

 

Q
 では、イエスの再臨とは純粋に霊的なものですか

A
「さよう。主イエスの地上再臨は、諸君らの間で進行している。いまイエスは媒介の霊を使って働きかけておられる。もし必要とすれば、直接自ら人間に働きかけられるかもしれぬ。ただ、肉身をもってではない。今は霊の時代であり、その感化は霊的なものである。ただし、その感化力はイエス在世当時と変わらない。
 変容の山において、イエスはその時、神力の通路となっていた霊達(モーセとエリヤ)と、まざまざと会話をされた。このお二方こそ、この運動や同じような他の運動に深くかかわっておいでになった方々、また今もなっておいでの方々。彼ら――モーセとエリヤ――は主イエスの指示下にあって活動しつつ、今この運動を鼓舞し指揮しておいでになる。」


「貴下らは新しい再臨による救済を、やはり間違った期待で見ている。つまり、真実の再臨の本質について誤解をしている。かつてユダヤ人達は第二のソロモンが現れて、彼らが失った栄光と富を再興してくれるものと待望した。いま、現代のキリスト教徒は、主イエスが多くの天使を従えて空中に現れ、彼らに願ったりかなったりの平和と栄光の治世を開始してくれると思い込んでいる。かつて、ユダヤ人達には、卑しくおとなしい大工の息子が、彼らの待ち望む王だとは信じがたかったように、いま地上の賢い者達の目には、今いたる所で抵抗に遭いつつ伝えられている霊的真理が、復活したキリストの福音であるとは思いもよらぬのである。今、霊的真理が貴下らの間に行き渡りつつある。これぞ救世主の統治。人の知り得る至高の真理の開顕。それは目に見える地上王国の建設ではない、静寂の中の霊的王国の建設、これである。
 我らの伝えるキリスト原理、これこそ、キリストを信奉する者達が待ち望むキリストの再臨そのものである。ただ、彼らの頭にあるのは地上的な物質的なもの。されど、我らの言うは霊的なもの、これである」


 

桑原啓善訳『続霊訓』pp145-148
(生前は預言者マラキとして知られるインペレーター霊を団長として(エリアの直接の指導を受けながら)、レクター(ギリシャのヒュポリュトス)、メンター(アラビアの哲学者アルガザリ)等、49名の霊団より、ステイトン・モーゼスを霊媒として送られた通信)より