FC2ブログ
2019/02/12

今日の言葉

〔八九六〕
Q
気前はいいが、ものを見る目がなく、金銭の使い方もどんぶり勘定で、そのため、何の役に立つこともなしに浪費してしまう人がいます。こんな人の行為に何か価値がありますか。

A
「利己心がないという点で評価される。だが、善行の点では評価できない。
非利己は美徳であるとしても、無思慮な浪費は、控え目に言っても判断力の欠如である。
財産は、これをちゃんと管理する人には与えられても、これを浪費する者には、もう与えられることはない。
財産は、収支報告を要する預金なのである。
人は、もしかしたら出来たのに、実行しなかった善行のすべてを報告せねばならぬ。
人は無用に浪費した金で、もしかしたら泣かずにすんだ人達の、すべての流した涙に償いをせねばならぬ。」


桑原啓善訳 アラン・カーデック『霊の書(下)』 より