2017/10/24

死後の体(幽体)について

私には、地上の肉体に生き写しの身体があります。
手も、足も、そっくり同じで、貴方がたと同じように動きます。
この幽体は、地上生活中、肉体に浸透して存在していたのです。
幽体とはホンモノの身体で、地上の肉体にそっくり生き写しなのです。
死とともに、私共は肉の衣から抜け出ます。そうして、幽界に入って、地上の肉体と同じ具合いに幽体を使いながら、生活を続けるのです。地上では、肉体が実体のある身体でしたね。
幽界では、この幽体が私共には実体のある身体なのです。私共には同じ感覚が具わっています。ものに触れればそれを感じます。何かを見れば、見えます。幽体は地上の物質ではありません。しかし、形や姿をちゃんと持ったものなのです。
私達は皆さんと同じように動きまわります。但し、地上の皆さんよりは、ずっと迅速に動けます。



   ――― 死者たちが肉声でつづった不朽の霊の書
         「THE WAY OF LIFE・人間の生き方」より
          アーサー・フィンドレー, 桑原啓善訳

  




関連記事