2017/10/12

THE WAY OF LIFE・人間の生き方 訳者の序文(2)

 本書は二十世紀中期の、イギリスのスピリチュアリズム(心霊研究に立脚した神霊主義)の最大の指導者フィンドレーの名著 THE WAY OF LIFEの翻訳です。
本書はフィンドレーが名霊媒ジョン・スローンを二十年間にわたり実験して得た成果です。
スローンは四十余年にわたり霊媒の仕事をしましたが、その間ただの一度も、ビタ一文も報酬を受け取りませんでした。
この無償の奉仕、これが純粋な霊の声を伝える不可欠の条件です。



――― 桑原啓善 
    (アーサー・フィンドレー『THE WAY OF LIFE・人間の生き方』 訳者の序文より)







関連記事