FC2ブログ
2017/10/22

THE WAY OF LIFE・人間の生き方 訳者の序文(7)

 なおアーサー・フィンドレー(一八八三~一九六四)には、名著として知られる三部作『他界の境域に立って』『真理の巌』『開かれゆく宇宙』などがあります。このうち『真理の巌』は浅野和三郎氏によって、『新時代と新信仰』として抄訳されています。
フィンドレーのスピリチュアリズム史上での一つの功績は、霊や霊界を波動として、つまり光や電波など電磁波の一環として説いたことです。近代人には納得しやすいので、心霊思想の普及に貢献しました。
本書でも巻末に彼の作ったそのような「表」が添えられています。



――― 桑原啓善 
    (アーサー・フィンドレー『THE WAY OF LIFE・人間の生き方』 訳者の序文より)








関連記事