FC2ブログ
2017/12/29

予言の時

「人類の変容が太古より予言されている。
諸君等は今、その予言の時に近づきつつある。諸君等の中、人類の進歩をすすめるために努力している者は、この変容の促進に助力しているものである。この変容は高級レベルの霊達の地上再生を通じて行われる。
この高級霊達は、漸次置きかえられていく現在の人類よりも、ずっと進化した精神の持主で、新人類を構成することになろう。日毎、死によって地上から刈り取られている邪悪人の霊、そして進歩をはばむすべての霊、これらは地球より一掃され、別の世界での再生を余儀なくされよう。何となれば、彼等は高級な人類の中では場違いであり、彼等の存在で高尚な人類の至福が損なわれるからである。
彼等はこの地球よりずっと進化の遅れた、未だかつてないような世界に送り込まれよう。その中にあって、辛い苦労な使命を果たすことになろう。この使命によって本人は進歩の手段を得ることになる。だが、これを通じて、この若い世界の住人達、自分より進化の遅れた同胞達の進歩に寄与することになろう。」


――― 桑原啓善訳 アラン・カーデック 『霊の書 【下】』pp222-224)







関連記事