FC2ブログ
2019/11/24

今日の言葉

 イエスはその全生涯を通じて、当時の時代精神に対する、真っ向からの反対者であった。
したがって、彼はそのような人物のたどる運命をたどった。
すなわち最初はしりぞけられ、次いで不当にも告発され、罪を負わされ、結局は処刑された。

 伝説の部分はこれを、無視してもよい。
しかし、イエスの愛の生涯と彼の説いた福音は、これを無視してはいけない。
イエスの教えの根本にある原理は、神の父性とその神の崇拝、
人間の同胞性と人と人を結びつける関係・絆(きずな)・祈りの法と自己犠牲の法、
いわば、人から自分がしてもらいたいと思うように人にもせよ、ということ。


――― インペレーター


桑原啓善訳 ステイントン・モーゼス『続霊訓』




 
2019/11/22

戻ってきた使徒

  はるか遠い昔のことだが、私はこう尋ねられた、お前は物質界に戻って、霊界通信を送る団体を地上に作る意思があるかどうかと。私は、他の霊魂も行ったことがあるように、その意思のあることを告げた。こうして私の仕事が与えられた。
(中略)
 私はこう言った、長年月にわたるこの霊界で得た多様の経験をもって、地上に戻り、人々に愛をもって訴えようと。私は理性に向かって訴えたい、思慮ある進歩した教養ある人達の判断に向かって訴えたい。私は霊的教示を素朴な形で訴えたい。
 私は理性に反するような事は何も言わないつもりだ。私は愛を表白したい、即ち怒りの感情をもって他を批判することをせず、いつも愛をもって訴えたい。また金言と実例と私の行為とをもって、私が神の使徒であることを証ししたいと思っている。



 ――― シルバー・バーチ
   (桑原啓善訳 A・W・オースティン編『シルバー・バーチ霊言集』より)






2019/11/18

〔堅い瓔珞はまっすぐに下に垂れます〕

〔堅い瓔珞はまっすぐに下に垂れます〕
                 
                  宮沢賢治
   
   〔冒頭原稿なし〕
   堅い瓔珞はまっすぐに下に垂れます。
   実にひらめきかゞやいてその生物は堕ちて来ます。
   
   まことにこれらの天人たちの
   水素よりもっと透明な
   悲しみの叫びをいつかどこかで
   あなたは聞きはしませんでしたか。
   まっすぐに天を刺す氷の鎗の
   その叫びをあなたはきっと聞いたでせう。
   
   けれども堕ちるひとのことや
   又溺れながらその苦い鹹水を
   一心に呑みほさうとするひとたちの
   はなしを聞いても今のあなたには
   たゞある愚かな人たちのあはれなはなし
   或は少しめづらしいことにだけ聞くでせう。
   
   けれどもたゞさう考へたのと
   ほんたうにその水を噛むときとは
   まるっきりまるっきりちがひます。
   それは全く熱いくらゐまで冷たく
   味のないくらゐまで苦く
   青黒さがすきとほるまでかなしいのです。
   
   そこに堕ちた人たちはみな叫びます
   わたくしがこの湖に堕ちたのだらうか
   堕ちたといふことがあるのかと。
   全くさうです、誰がはじめから信じませう。
   それでもたうたう信ずるのです。
   そして一さうかなしくなるのです。
   
   こんなことを今あなたに云ったのは
   あなたが堕ちないためにでなく
   堕ちるために又泳ぎ切るためにです。
   誰でもみんな見るのですし また
   いちばん強い人たちは願ひによって堕ち
   次いで人人と一諸に飛騰しますから。
   
            一九二二、五、二一、





2019/11/16

今日の言葉

あゝ、マヂエル様、どうか憎むことのできない敵を殺さないでいゝやうに早くこの世界がなりますやうに、そのためならば、わたくしのからだなどは、何べん引き裂かれてもかまひません。


――― 宮沢賢治 童話「烏の北斗七星」より