2018/04/11

今日の言葉

人類が学ばねばならないことは、神の賜物はすべての人々の間で、正当に分かち合わねばならないということ。
ある人は食べるにこと欠き、ある人はあり余る物を持っている。
これは間違いだ。
人類はその持つところのすべてを、すべての人々の間で分かち合わねばならない。
それは単純なことではないか。


――― シルバー・バーチ



(桑原啓善訳 A・W・オースティン編『シルバー・バーチ霊言集』)





 
2018/04/09

今日の言葉

神に対する完全な信と愛があれば、恐怖はない。
また知識があれば恐怖は起こらない、
恐怖は無知から生まれるものだから。
かくて、信と愛と知がある限り、恐怖のさし入る隙はない。
進歩した霊魂は、どんな場合にも恐れを知らない。
彼は知っている、自分の人生に、自分で克服できない環境や経験はあるはずがないと。
何となれば、彼は神性であるから。


――― シルバー・バーチ

(桑原啓善訳 A・W・オースティン編『シルバー・バーチ霊言集』)







 
2018/04/07

今日の言葉


 困難に出会った時、 ごたごたが身を圧しつぶす時、 どうしてよいか分からぬ時、 何らこれという決断が出来ぬ時、 心を静めなさい、夏の日に静かな湖のほとりに座しているように、静寂になりなさい。

あせることはない、何一つ霊的見地からはあわてることはない、このことを心に留められよ。



      ――― ホワイト・イーグル






2018/04/05

今日の言葉

一切の戦争を止(や)めたら、破壊も混乱も無くなる。
神法違反の罪が消えるからである。
だがその戦争が止(や)められない。
平和のためにはあいつを、あの怪(け)しからぬ奴を叩かねばならぬ、叩けば平和になると思いこんでいるからだ。
神法違反の戦争は、次から次と戦争のカルマを繰返して戦争が太るばかりだ。
それで第二次大戦、今度は第三次の世界最終戦をやろうとしている。
 
 なぜ戦争がやめられないのか。こうすれば平和になるという決め手の神法を知らないからだ。
それは「愛」、キリストが言ったとおりだ。
どうしてもやれないのは本当に分かっていないからだ。



――― 桑原啓善
    桑原啓善編著『シルバー・バーチに聞く』 [注] より






2018/04/03

今日の言葉

みんながめいめいじぶんの神さまがほんたうの神さまだといふだらう、けれどもお互いほかの神さまを信ずる人たちのしたことでも涙がこぼれるだらう。

それからぼくたちの心がいいとかわるいとか議論するだらう。そして勝負がつかないだらう。

けれどももしおまへがほんたうに勉強して実験でちゃんとほんたうの考とうその考とを分けてしまへばその実験の方法さへきまればもう信仰も化学と同じやうになる。



―――宮沢賢治 『銀河鉄道の夜』第三次稿より